主催挨拶


このお祭りは東北震災の際につながったボランティアネットワークがはじまりです。
ボランティアというと奉仕、福祉という言葉が連想されますが
ボランティアとは正しくはラテン語で“自由意思で動く人”の意です。
実は私達は誰かを大切にする自分でありたい、そんな衝動にしたがっただけなんです。

そんな単純に湧き出した愛情だけで動いてみた私達には
現世のわだかまりから飛び出るような元気がみなぎりました。
そしてそれを分かち合い、問題と向き合う仲間が出来ました。
それと同じような輪を広げ素敵な未来を創りたく
LOVE ROCK FESTIVALを開催させていただきます。

ROCKには自由、転がり続ける、生み出す、生きる、などの意があります。
私達は愛や未来を待ち望むのではなく生み出していきたいのです。

今年はこれから先のラブフェスの大事な基盤を確認します。
テーマは“地球と遊ぼう”
地球を大事に思うことは自分を愛することのはじまりです。
自然にめぐまれた会場の中で一つ一つの出会いや遊びを
大切にすることで小さくても大切な関係を築き
それをまた日々に、そして今後のラブフェスにつなげていこうとおもいます。

キャンプや、キャンプワークショップを通じて
自然の中にいることを楽しく感じたり、知識を得たり
子供達が遊びながら誰かの事を想えるコーナー。
東北の支援に携わった熱いロック魂をもつミュージシャン達の唄。
正しい食について地元農家さん等の御協力で楽しく提案。
同じく、手先から真心溢れる飲食店の皆さんの出店、
愛と創造力に溢れる絵や写真、ダンスなどで賑わっていきます。

その大分、熊本や、東北の復興もまだまだこれからですし、
我々は様々な諸問題を抱えながら前へ進んでいくわけですが
それらを解決せねば、と焦るよりもあらためて
日々を創るという気持ちで問題と向き合えるほどの
元気と仲間をラブフェスで少しでも増やしていただきたい次第です。

“ありがとう”の後ろには“さようなら”があり、
前には“はじめまして”があり、
その全ての循環を“あいしてる”ということをおしえてくれている
岩手県大槌町の復興ロックフェス
「おおつちありがとうロックフェスティバル」に最大の敬意を表します。

さぁ、あなたも自由な意思でラブフェスへ飛び込んで来てください。
両手を広げてお待ちしております。 

Love Rock Festival 実行委員会一同






inserted by FC2 system